救急災害講座 WEB管理者

役職救急・災害医学講座教授、高度救命救急センター長
専門救急医学、循環器内科学
資格

医学博士
日本救急医学会 救急科専門医
日本内科学会 認定内科医、指導医
日本循環器学会 循環器専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医
日本航空医療学会 認定指導者
社会医学系専門医協会 社会医学系専門医、指導医
日本DMAT隊員 (統括DMAT)
原子力災害医療派遣チーム隊員

【2021年】
【論文発表】
Mori T, Takei H, Ihara T, Hagiwara Y, Nomura O. Ultrasound-guided nasogastric tube placement in a pediatric emergency department. Journal of Clinical Ultrasound 49: 106-109 (2021).

Takei H, Nomura O (Equally Contribution to the First Author), Hagiwara Y, Inoue N. The Management of Pediatric Genital Injuries at a Pediatric Emergency Department in Japan. Pediatric emergency care 37 (2): 73-76 (2021).

Nomura O, Onishi H, Park Y S, Michihata N, Kobayashi T, Kaneko K, Yoshikawa T, Ishiguro A. Japan Pediatric Society Steering Committee of Board Examination, Predictors of performance on the pediatric board certification examination. BMC Medical Education 21: 122 (2021).

Nomura O, Wiseman J, Sunohara M, Akatsu H, Lajoie S P. Japanese medical learners’ achievement emotions: Accounting for culture in translating Western medical educational theories and instruments into an asian context. Advances in Health Sciences Education 26: 1255-1276 (2021). doi: 10.1007/s10459-021-10048-9.

Mori T, Ihara T, Nomura O. Detection of a Urethral Foreign Body in a Pediatric Patient: Another Useful Application of Point-of-Care Ultrasound. The Journal of Emergency Medicine Available online 3 June (2021).

Yugang S, Nomura O, Ishizawa Y. A case of blunt bowel injury lacking initial clinical manifestations. Visual Journal of Emergency Medicine 23: 101045 (2021).

Nomura O, Irie J, Park Y, Nonogi H, Hanada H. Evaluating Effectiveness of YouTube Videos for Teaching Medical Students CPR: Solution to Optimizing Clinician Educator Workload during the COVID-19 Pandemic. International Journal Environmental Research and Public Health 18 (13): 7113 (2021).

Ihara T, Arino S, Nomura O. Movable discoloration in the scrotum with attendant pain. Emergency Medicine Journal 38 (8): 578-586 (2021). doi:10.1136/emermed-2020-210269

Imanishi S, Nomura O, Hanada H. Phantom abdominal wall extravasation of contrast media on abdominal X-ray. Emergency Medicine Journal 38 (9):691-700. (2021).

Nomura O, Fukuda S, Ota E, Ono H, Ishiguro A, Kobayashi T. Systematic Reviews and Meta-Analyses: Monoclonal antibody and anti-cytokine biologics for Kawasaki disease: A systematic review and meta-analysis. Seminars in Arthritis & Rheumatism 51(5): 1045-1056 (2021).

Hiraki K, Irie J, Nomura O, Machino H, Yaguchi S, Ishizawa Y, Soma Y, Hanada H. Impact of air temperature on occurrence of bath-related cardiac arrest. Medicine 100 (37): e27269. (2021).

町野ひろみ, 野村理, 和田簡一郎, 熊谷玄太郎, 田中直, 浅利享, 石橋恭之, 花田裕之:りんご農作業に関連する頚髄損傷の症例集積研究. 弘前医学 71: 108-112 (2021).

野村理:卒前医学教育における屋根瓦式学習に関する系統的レビューのUmbrella Review. 医療職の能力開発 8 (1): 1-5 (2021) (依頼論文).

花田裕之:救命救急センター紹介. 救急医学 45 (10) 1343-1346 (2021).

【著書】
矢口慎也: 有機リン・カーバメイト中毒. 今日の治療指針 2021年版. 137-138, 総ページ数2,192ページ, 福井次矢他編, 医学書院, 東京, (2021).

花田裕之:救急医療学総論. リハベーシック安全管理学・救急医療学. 64-71,総ページ数152ページ. 内山靖他編, 医歯薬出版株式会社,東京 (2021).

花田裕之:JRC蘇生ガイドライン2020,日本蘇生協議会監修, 医学書院, 単行本(学術書),ACS作業部会委員,共編者, 東京 (2021).

野村理:JRC蘇生ガイドライン2020,日本蘇生協議会監修, 医学書院,,単行本(学術書),ACS作業部会協力者,共編者, 東京 (2021).

野村理:PALS小児の二次救命処置 プロバイダーマニュアル,American Heart Association, American Academy of Pediatrics , 総ページ数327ページ, 共同翻訳者,神奈川 (2021).

【学会発表】
Onishi H, Gominda Ponnamperuma Nomura O. “How to design summative assessment for postgraduate clinical training programmes: alignment with objectives and strategies,” Asia Pacific Medical Education Conference (APMEC) 2021, 2021. 1. 22, (workshop)

Nomura O. Japanese Medical Learners’ Emotions: Accounting for Culture in Translating Western Theories and Instruments into an Asian Context, The 53rd Annual Meeting of the Japan Society for Medical Education, International Session live discussion, 2021. Bronze Prize.

伊藤勝博, 辻口貴清, 矢口慎也, 石澤義也, 花田裕之, 大熊洋揮:新型コロナウイルス感染の急速な拡大に対する医療調整. 第26回日本脳神経外科救急学会. 2021年2月5日, (緊急特別シンポジウム). 名古屋, WEB発表.

矢口慎也, 野村理, 石澤義也, 伊藤勝博, 花田裕之:悪性症候群による急性腎障害を来した統合失調症の1例. 第48回日本集中治療医学会学術集会. 2021年2月12日, WEB発表.

伊藤勝博, 辻口貴清, 小山内健介, 花田裕之:地方都市における新型コロナウイルス感染拡大に対する保健所の医療調整. 第26回日本災害医学会総会・学術集会. 2021年3月15~31日, WEB発表, オンデマンド配信.

石澤義也:交通外傷として搬入されたツツガ虫病の1例. 第12回日本Acute Care Surgery学会学術集会, 2021年4月22日, WEB発表.

沈由剛, 石澤義也, 野村理:臨床症状に乏しい鈍的腸管損傷の1例. 第12回日本Acute Care Surgery学会学術集会, 2021年4月22日, WEB発表.

入江仁:『Caseカンファレンス』救急(POCUS・横断): 若年女性の下腹部痛. 日本超音波医学会第94回学術集会,2021年5月22日, WEB発表.

石澤義也, 佐藤裕太, 一山紗彩:REBOAを併用し3度の手術と2度のTAEにて救命した鈍的腹部外傷の1例. 第35回日本外傷学会総会・学術集会, 2021年5月28日, WEB発表, 6月1日~30日, オンデマンド配信.

野村理:コンピテンシー基盤型医学教育の枠組みを用いた小児救急医療の教育・研修目標の改定. 第34回日本小児救急医学会学術集会 シンポジウム, 2021年6月18日-20日, WEB発表.

伊藤勝博:新型コロナウイルス感染症の急速な拡大に対する三度の医療調整の経験から. 第35回東北救急医学総会・学術集会, 2021年7月10日, WEB発表.

入江仁:救命救急センターにおけるPE-DVT 診断の実際. 第11回Point-of-Care 超音波研究会, 2021年7月10日, WEB発表.

町野ひろみ, 入江仁, 平木克樹, 花田裕之:りんご農作業に関連する頚髄損傷の症例集積研究. 第35回東北救急医学総会・学術集会, 2021年7月10日, WEB発表.

平木克樹, 入江仁, 町野ひろみ, 花田裕之:入浴関連心停止発生率と外気温の関係性-弘前大学附属病院での後方視的コホート研究. 第35回東北救急医学総会・学術集会, 2021年7月10日, WEB発表.

野村理:小児救急医学臨床推論能力評価ツールの開発と妥当性. 第72回北日本小児科学会, 2021年9月10日, WEB発表.

【セミナー発表、座長】
花田裕之:災害医療としてのCOVID-19対応~弘前市の巨大クラスターに対する医療の経験から~. 災害医療Web Seminar in Aomori (第一三共(株)主催) , 2021年1月27日, 青森, WEB発表.

伊藤勝博:急性期のてんかん診療. てんかん診療Web セミナー~急性期とその後の管理~ (ユーシービージャパン(株) 第一三共(株)共催) , 2021年1月29日, 青森, WEB発表.

伊藤勝博:第26回日本脳神経外科救急学会 一般演題13「てんかん」座長, 2021年2月5-6日. 名古屋, WEB開催.

花田裕之:医療対応. 東日本大震災から10年「弘前大学リレーシンポジウム」, 2021年2月18日, 青森, WEB開催.

伊藤勝博:COVID-19感染症禍における医療対応と感染を予防するために. 弘前大学被ばく医療連携推進機構公開講演会 2021年5月27日. 弘前, 参集・対面+WEB (Zoom) 開催.

花田裕之:津軽エリアの地域医療構想における高度救命救急センターの役割~急性期の薬物療法も含めて~. BRIDGE セミナー特別講演 (第一三共 (株) 主, 弘前医師会 後援) , 2021年9月2日, 青森.


【2020年】
【論文発表】
Suzuki Y, Tsujiguchi T, Sakamoto M, Ito K, Tokonami S, and Kashiwakura I. Current
Situation of Triage Methods for Exposed Patients in the Acute Phase of a Nuclear Disaster. Radiation Environment and Medicine 9 (1): 41-45 (2020).

Ito R, Kubota K, Yaguchi S, Furudate K, Tanaka Y, Kobayashi W. Falls due to loss of consciousness are associated with maxillofacial fracture severity. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 78: 423-429 (2020).

Nomura O, Ihara T, Morikawa Y, Sakakibara H, Hagiwara Y, Inoue N, Akasawa A. Metered‐dose inhaler ipratropium bromide for children with acute asthma exacerbation: A prospective, non‐randomized, observational study. Pediatrics International 62: 319-323 (2020). doi: 10.1111/ped.14146.

Nomura O, Kobayashi T, Nagata C, Kuriyama T, Sako M, Saito K, Ishiguro A. Needs Assessment for Supports to Promote Pediatric Clinical Research Using an Online Survey of the Japanese Children’s Hospitals Association. Japan Medical Association Journal 3 (2): 131-137 (2020).

Hayakawa I, Nomura O, Uda K, Funakoshi Y, Sakakibara H, Horikoshi Y. Incidence and aetiology of serious viral infections in young febrile infants. Journal of Paediatrics and Child Health 56: 586-589 (2020). doi:10.1111/jpc.14692.

Ihara T, Nomura O, Mori T, Shimojima N. Early Diagnosis of a Pediatric Pancreatic Tumor by Abdominal Physical Examination: A Case Report. The Journal of Emergency Medicine 58 (4): e211-e214 (2020). doi: 10.1016/j.jemermed.2020.03.025.

Tsujiguchi T, Kitajima M, Tomisawa T, Shiroto Y, Yamada Y, Saito K, Hanada H, Jin Y W, Cho M, Jang S, Kim H, Pak M, Nakamura T. Lessons From a Japan-Korea Collaboration on Medical Response Training for a Nuclear or Radiological Emergency, Assuming Mass Casualty. Disaster Med. Public Health Prep. 14 (4): 431-432 (2020) doi: 10.1017/dmp.2019.88. 2020/8

Mori T, Takei H, Nomura O, Ihara T, Hagiwara Y. Pediatric Case Of Successful Point-
Of-Care Ultrasound-Guided Nasogastric Tube Placement. The Journal of Emergency Medicine 59 (2): e57-e60 (2020). doi: 10.1016/j.jemermed.2020.04.029.

Mori T, Takei H, Sasaoka Y, Nomura O, Ihara T. Semi-automatic Intraosseous Device (EZ-IO) in a Paediatric Emergency Department. Journal of Paediatrics and Child Health 56 (9): 1376-1381 (2020). doi: 10.1111/jpc.14940.

Nomura O, Miyazaki Y, Takei H, Terauchi M, Kishibe S, Hagiwara Y, Kitamura K, Nishida Y,Yamanaka T. Complete Republication: Fall Injury while the Parent Is Operating a Bicycle with an Infant in a Baby Carrier. JMA Journal 3 (4):330-339 (2020). doi: 10.31662/jmaj. 2020-0032https://www.jmaj.jp/.

Nomura O, Nonogi H, Hanada H. Letter to the editor. Do-It-Yourself (DIY) Disposable Aerosol Box. Journal of Emergency Medicine 59 (4): e154-155 (2020).

Sakamoto M, Tsujiguchi T, Koiwa T, Ogura K, Yamaguchi M, Ito K, Yamanouchi K, Yasuda H, Tokonami S and Kashiwakura I. Investigation of local governments’ preparation for evacuation in nuclear emergency in Japan. Radioprotection
55 (3):237-246 (2020).

緒方健作, 野村理:指導者の自己効力感. 医療職の能力開発 7 (1): 7-11 (2020) (依頼論文).

石澤義也, 齋藤兄治:ボイラー事故による爆傷の一例. 日本外傷学会雑誌. 34 (5): 252 (2020).

井上信明, 野村理 (12番目), 他18名:小児救急医療の教育・研修目標改定ワーキンググループ活動報告. 日本小児救急医学会雑誌 19 (3): 360-372 (2020).

黒田駿, 伊原崇晃, 野村理, 猪口剛, 山岸由和, 小橋孝介:青色の舌所見から診断に至ったフルニトラゼパム誤飲の2例. 日本小児科学会雑誌 124 (11): 1640-1644 (2020).

伊藤勝博, 石澤義也, 菊池潤, 長谷川聖子, 佐藤裕太, 伊藤勝宣, 齋藤兄治, 小笠原賢, 矢口慎也, 花田裕之, 大熊洋揮:脳神経外科医が繫いだ北海道胆振東部地震における青森県DMAT調整本部. Neurosurg Emerg 25 (2): 174-178 (2020).

【著書】
矢口慎也: 催眠・鎮静薬中毒 (ベンゾジアゼビン,バルビツール酸). 今日の治療指針. 2020 年版.135-136,総ページ数2,192ページ, 福井次矢他編, 医学書院,東京, (2020).

野村理: 第12章反転授業のためのインストラクショナルデザイン,学習者中心の教育を実現するインストラクショナルデザイン理論とモデル, C. M.ライゲールス他編, 北大路書房,京都, 総ページ数486ページ (2020), 単行本(学術書),共訳.

野村 理, 小林 徹: 川崎病. お医者さんオンライン. 永井良三, 大曲貴夫, 神田善伸他, プレシジョン (2020).

【学会発表】
Onishi H, Nomura O, Gominda G Ponnamperuma,
“Summative assessment for postgraduate training programme: from development to continuous improvement.” Asia Pacific Medical Education Conference (APMEC) 2020. 2020. 1. 9. Singapore. (workshop)

Nomura O, Wiseman J, Sunohara M, Akatsu H, Lajoie S. “Measuring Emotions in Medical Students: Validation of the Japanese Version of the Medical Emotion Scale.” Ottawa Conference. 2020. 3. 3. Malaysia. (Oral presentation online発表)

伊藤勝博, 藤原望, 野村理, 矢口慎也, 石澤義也, 花田裕之, 大熊洋揮:脳神経外科+救急科専門医からみた脳神経外科救急. 第25回日本脳神経外科救急学会. 2020年2月8日, 川越. (メインシンポジウム5-2)

伊藤勝博:原子力災害拠点病院の住民避難への対応. 第25回日本災害医学会総会・学術集会. 2020年2月20日, 神戸. (パネルディスカッション)

伊藤勝博, 野村理, 石澤義也, 矢口慎也, 大熊洋揮, 花田裕之:災害医療現場における脳神経外科医の役割 -過去の経験からの今後の展望- . 第43日本脳神経外傷学会. 2020年3月7日, 神奈川箱根. (シンポジウム) 誌上開催(コロナウイルス感染拡大のため)

石澤義也, 中山弘文, 紺野真緒, 矢口慎也, 伊藤勝博, 花田裕之:ツツガ虫病の2例. 第47回日本集中治療医学会学術集会. 2020年3月7日, 名古屋. (ポスター) 学会機関誌掲載発表(コロナウイルス感染拡大のため)

花田裕之:ディベート「CPRを再考する」2, Cons: 抗不整脈は不要 (Pros: 抗不整脈は必要 綱野真理), 第84回日本循環器学会学術集会, 2020年7月27日~10月30日, WEB発表, オンデマンド配信.

花田裕之:気道閉塞と入浴中の事故死は日本で年々増加しており、予防が必要である. 第84回日本循環器学会学術集会, 2020年7月27日~10月30日, ポスターオンデマンド配信.

西谷佑希, 花田裕之, 伊藤勝博, 矢口慎也, 石澤義也, 野村理:メトホルミン大量服薬により乳酸アシドーシスをきたした1例. 第1回J’s CAT学術集会. Japanese society of clinical & Analytical Toxicology. 2020年9月17日, WEB発表.

花田裕之:心室細動は心臓死を意味しない. 第48回日本救急医学学会総会・学術集会, GIFU2020, 2020年11月18-20日, ポスターWEB発表.

花田裕之:救急に関する話題. 第171回日本小児科学会青森地方会, 2020年12月5日, 特別講演, WEB講演.

野村理, 伊藤太一, 森崇晃, 伊原崇晃, 辻聡, 井上信明:小児救急医学における日本語版臨床推論能力評価ツールの開発. 第171回日本小児科学会青森地方会, 2020年12月5日, WEB発表.

石澤義也, 齋藤兄治:ボイラー事故による爆傷の一例. 第34回外傷学会総会・学術集会, 2020年12月7-8日, web発表.

【セミナー発表、座長】
花田裕之:プロトコール(12誘導心電図、ACS). 第7回12誘導心電図伝送を考える会, 2020年1月18日, 東京.

花田裕之:西北五地域救急外来診療に従事して. 第6回西北五の地域医療の未来を考える研究会, 西北五の地域医療の未来を考える研究会 2020年2月12日, 五所川原市.

花田裕之:Stop sepsis meeting in north tohoku, closing remarks. 小野薬品工業(株), 2020年11月16日, WEB開催.

市川博章:低左心機能、頻脈性心房細動に合併した虚血性腸炎にβ遮断薬を投与した1例. Stop sepsis meeting in north tohoku, closing remarks, 小野薬品工業(株), 2020年11月16日, WEB開催.

花田裕之:第1回救急医療を考える会 (大塚製薬(株)共催) 特別講演座長, 2020年12月21日, 青森. WEB開催.

伊藤勝博:第1回救急医療を考える会 (大塚製薬(株)共催) セッション3 県内の連携を考える(血栓回収など) 座長, 2020年12月21日, 青森. WEB開催.

矢口慎也:セッション1, 心不全を考える第1回救急医療を考える会 (大塚製薬(株)共催) セッション3 県内の連携を考える(血栓回収など) , 2020年12月21日, 青森. WEB開催.

【2019年】
【論文発表】
Tsujiguchi T, Yamaguchi M, Mikami J, Sato D, Itaki C, Hosokawa Y, Ito K. Survey on Training of the Nuclear Emergency Medical Assistance Team and Their Educational Needs. Radiation Environment and Medicine 8 (1): 16–20 (2019).

Yaguchi S, Yamamura H, Kamata K, Shimamura N, Kakehata S, Matsubara A. Treatment strategy for a penetrating stab wound to the vertebral artery: a case report. Acute Medicine & Surgery 6 (1): 83-86 (2019).

Yaguchi S, Itoh K, Yamamura H. New Triage System Using Digitized Information Entered Via A Digital Pen. Hirosaki Medical Journal 69: 78-85 (2019).

Mori T, Nomura O, Hagiwara Y, Inoue N. Diagnostic Accuracy of a 3-Point Ultrasound Protocol to Detect Esophageal or Endobronchial Mainstem Intubation in a Pediatric Emergency Department. J Ultrasound Med. 38(11): 2945-2954 (2019). doi: 10.1002/jum.15000.

Ihara T, Mori T, Nomura O. Ping-Pong Gaze in a Postictal State. The Journal of Pediatrics 214: 234 (2019).

Ihara T, Nomura O, Mori T. A novel method of palpating the pancreas in children: Three cases of pediatric acute pancreatitis. American Journal of Emergency Medicine 37(10): 1965-1967 (2019). doi: 10.1016/j.ajem.2019.03.031.

【著書】
矢口慎也: 石油製品中毒 (ガソリン・灯油). 今日の治療指針. 2019 年版.144-145,福井次矢他編, 医学書院,東京,総ページ数2,160ページ, (2019).

【学会発表】
Hanada H, Ito K, Yaguchi S, Ishizawa Y, Kita K, Saito K, Sato Y. Increasing Accidental Death in Elderly, Drawing in Bathtub and Foreign Body Airway Obstruction, Should Be Prevent in Japan. Resuscitation Science Symposium 2019. 2019. 11. 16-17. Philadelphia, USA (poster presentation)

伊藤勝博, 菊池潤, 長谷川聖子, 花田裕之, 大熊洋揮:脳神経外科医が繋いだ北海道胆振東部地震における青森県DMAT調整本部.第24回日本脳神経外科救急学会 2019年2月.

矢口慎也, 鷲田啓資, 石澤義也, 伊藤勝博, 花田裕之:治療に難渋した侵襲性クレブシエラ感染症の 1 例. 第46回日本集中治療医学会学術集会 2019年3月. (ポスター)

花田裕之:「アドレナリン」~蘇生にアドレナリンは必要?~. 日本病院薬剤師会東北ブロック第9回学術大会, 2019年6月2日.

伊藤勝博, 矢口慎也, 石澤義也, 北 薫, 中澤愛, 佐藤裕太, 齋藤兄治, 小笠原賢, 花田裕之:原子力災害時の住民避難を考慮した原子力災害拠点病院の対応. 第47回日本救急医学会総会・学術集会. 2019年10月4日.

矢口慎也, 野村理, 石澤義也, 伊藤勝博, 花田裕之:左外腸骨動脈破裂により救命し得なかった血管型エーラス・ダンロス症候群の 1 例. 第47回日本救急医学会総会・学術集会. 2019年10月4日. (ポスター)

石澤義也, 袴田健一:Burnoutの経験. 第11回日本Acute Care Surgery学会学術集会. 2019年10月26日. (シンポジウム:Acute Care Surgeonの働き方改革)

【セミナー発表、座長】
Hanada H: AHA Asian Night 2019, Philadelphia 201 Hotel, Philadelphia, 2019. 11.17. USA. (Chairman)

花田裕之:青森県感染症DICセミナー、ミニレクチャー座長, 2019年4月19日.

花田裕之:弘前の救急医療について, 第32回弘前心不全セミナー, 2019年7月18日.

花田裕之:消防と医療との連携, 第29回青森県救急業務研修会, 2019年9月17日.

花田裕之:弘前の救急医療について, 第153回若竹会, 第一三共, 2019年9月25日.

野村理: デキる研修医への道, 2019年9月27日.

花田裕之:救急医療の歴史と今後について, 青森臨床Network Seminar, 日本ベーリンガーインゲルハイム, 2019年11月6日.

【2018年】

【論文発表】
Yamamura Y, Kawazoe Y, Miyamoto K, Yamamoto T, Ohta Y, Morimoto T. Effect of norepinephrine dosage on mortality in patients with septic shock. Journal of Intensive Care. 6: 12 (2018).

【著書】
矢口慎也: 毒キノコ中毒. 今日の治療指針. 2018年版.146-147,福井次矢他編, 医学書院,東京,総ページ数2,192ページ, (2018).

伊藤勝博, 山村仁: 災害医療 救急医学 2018; 42(9): 1075 -1078.

伊藤勝博: 脳神経の解剖&疾患ノート,メディカ出版,2018年2月,教科書,分担執筆,救急医学.

【学会発表】
辻口貴清, 葛西美里, 佐藤大志, 三上純子, 福士明美, 矢口慎也, 伊藤勝博, 山村仁:原子力災害医療派遣チーム専門研修における医療実習の工夫と実践.第23回日本集団災害医学会総会・学術集会 2018年2月.

伊藤勝博, 辻口貴清, 佐藤大志, 矢口慎也, 福島芳子, 藤田基生, 長谷川有史:DMATと原子力災害医療支援チームの連携.第23回日本集団災害医学会総会・学術集会 2018年2月.

矢口慎也, 伊藤勝博, 山村仁:体外式膜型人工肺が奏功した気管支喘息重積発作による重症呼吸不全の1例. 第45回日本集中治療医学会総会・学術集会 2018年2月.

北薫, 矢口慎也, 伊藤勝博, 山村仁:宗教上の理由から治療に難渋した多発外傷の一例. 第32回東北救急医学会総会・学術集会 2018年6月.

伊藤勝博, 矢口慎也, 山村仁:原子力災害医療支援チームの現状. 第21回日本臨床救急医学会総会.学術集会 2018年6月.

山村仁, 矢口慎也, 鎌田耕輔, 嶋村則人, 掛端伸也, 佐々木亮, 松原篤:治療戦略上でCT撮影が有用であった頸部刺創の1例. 第32回日本外傷学会総会・学術集会 2018年6月.

矢口慎也, 伊藤勝博, 山村仁:治療に難渋した破傷風の1例. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018年11月.

垣内章江:熊外傷の特徴と予後に関する検討. 第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018年11月.

【2017年】
【論文発表】
Kawazoe Y, Miyamoto K, Morimoto T, Yamamoto T, Fuke A, Hashimoto A, Koami H, Beppu S, Katayama Y, Itoh M, Ohta Y, Yamamura H. Effect of Dexmedetomidine on Mortality and Ventilator-Free Days in Patients Requiring Mechanical Ventilation With Sepsis: A Randomized Clinical Trial. JAMA 317(13): 1321-1328 (2017).

Yamamura H, Kawazoe Y, Morimoto T. Dexmedetomidine in Patients With Sepsis Requiring Mechanical Ventilation—Reply. JAMA 318 (5): 480 (2017).

Miyamoto K, Nakashima T, Shima N, Kato S, Kawazoe Y, Ohta Y, Morimoto T, Yamamura H. Effect of dexmedetomidine on lactate clearance in patients with septic shock: A sub-analysis of a multicenter randomized controlled trial. SHOCK (2017).

小田桐有沙, 斎藤淳一, 神庭文, 速水史郎, 小笠原尚志, 矢口慎也, 伊藤勝博, 山村仁. 体外式膜型人工肺が奏功した急性薬物中毒に伴う重症呼吸不全の1例. 日本集中治療医学会雑誌; 24: 31-32 (2017)

山村仁, 矢口慎也, 伊藤勝博, 和田尚子, 齋藤百合子, 齊藤真喜子, 三上 誠, 渡辺庸介,横井克憲, 漆舘聡志. 小学校ガス爆発事故への対応. 熱傷; 43(2): 20-24 (2017)

【著書】
矢口慎也: トリカブト中毒.今日の治療指針.2017 年版.150-151,医学書院,福井次矢他編, 東京,総ページ数2,096ページ, (2017).

【学会発表】
Yaguchi S, Itoh K, Yamamura H. New Triage System. Using Digitized Information Entered via a Digital Pen. World Congress on Disaster and Emergency Medicine 20th meeting, Toronto, 2017.

Yamamura H, Yaguchi S, Itoh K. The New Radiation Emergency Medical System in Japan: Lessons from the Fukushima Nuclear Plant Accident. World Congress on Disaster and Emergency Medicine 20th meeting, Toronto, 2017.

Yamamura H, Kawazoe Y, Miyamoto K, Yamamoto T, Ohta Y, Morimoto T. Effect of norepinephrine dosage on mortality in patients with septic shock. American Association for the Surgery of Trauma 76th meeting, Baltimore U.S.A., 2017.

Nakashima T, Miyamoto K, Shima N, Kato S, Kawazoe Y, Ohta Y, Morimoto T, Yamamura H. Does dexmedetomidine increase lactate clearance in patients with septic shock? 30th Annual congress of the European Society of Intensive Care Medicine. Wien, Austria, 2017.

Kawazoe Y, Sato T, Miyagawa N, Yokokawa Y, Kushimoto S, Miyamoto K, Ohta Y, Morimoto T, Yamamura H. Effect of PMX-DHP longer than 2 hours on mortality in patients with septic shock: A sub-analysis of multicenter randomized controlled trial. 30th Annual congress of the European Society of Intensive Care Medicine. Wien, Austria, 2017.

Ohta Y, Morimoto T, Kawazoe Y, Miyamoto K, Yamamura H. Improved inflammation with dexmedetomidine in sepsis patients required mechanical ventilation: a sub-analysis of the DESIRE Trial. 30th Annual congress of the European Society of Intensive Care Medicine. Wien, Austria, 2017.

Yamamoto T, Mizobata Y, Kawazoe Y, Ohta Y, Morimoto T, Yamamura H. Risk factors for sepsis-associated delirium. 11th European congress on emergency medicine. Athens Greece, 2017.

矢口慎也, 伊藤勝博, 山村仁, 藤田友嗣:カフェイン中毒の一例. 第31回日本中毒学会東日本地方会. 2017年1月.

伊藤勝博, 矢口慎也, 山村仁, 大熊洋揮:原子力災害医療の現状と課題. 第22回日本脳神経外科救急学会. 2017年2月.

伊藤勝博, 佐藤大志, 山内真弓, 福士明美, 矢口慎也, 山村仁:原子力災害医療・総合支援センターにおける原子力災害医療派遣チームの現状と課題.第22回日本集団災害医学会.2017年2月.

川副友, 宮本恭兵, 山本朋納, 福家顕宏, 橋本篤徳, 小網博之, 別府賢, 片山洋一, 伊藤 誠, 太田好紀, 山村仁:人工呼吸器管理を要する敗血症患者に対するDexmedetomidineの臨床的効果に関する多施設ランダム化比較試験.第44回日本集中治療医学会.2017年3月.

佐藤健太郎, 山村仁, 木村憲央, 石戸圭之輔, 工藤大輔, 脇屋太一, 三橋佑人, 袴田健一:経カテーテル的選択的動脈塞栓術で止血を得た外傷性副脾損傷の1例. 第31回日本外傷学会2017年6月.

伊藤勝博, 矢口慎也, 山村仁:原子力災害医療派遣チームの現状と課題. 第45回日本救急医学会総会・学術集会 2017年10月.

山村仁:外科と救急科の専門医のダブルボード~私のキャリアから~. 第45回日本救急医学会総会・学術集会 2017年10月.

太田好紀, 山村仁, 川副友, 宮本恭兵, 山本朋納, 福家顕宏, 平井康富, 小網博之, 別府賢, 片山洋一, 伊藤誠, 森本剛:日本からRCTを発信するにはどうすればよいか ~DESIREトライアルの経験から~. 第45回日本救急医学会総会・学術集会 2017年10月.

矢口慎也, 伊藤勝博, 山村仁:複写式とデジタル化機能を併せもつトリアージタグの開発. 第45回日本救急医学会総会・学術集会 2017年10月.

太田好紀, 川副友, 宮本恭兵, 山村仁, 森本剛:デクスメデトミジンは敗血症患者の炎症反応を改善するか ~DESIREサブ解析から~. 第45回日本救急医学会総会・学術集会. 2017年10月.

山村仁, 川副友, 宮本恭兵, 山本朋納, 太田好紀, 森本剛:敗血症性ショックにおけるノルアドレナリン投与量と予後の関係 ~DESIREサブ解析から~. 第45回日本救急医学会総会・学術集会. 2017年10月.

島望, 宮本恭兵, 中島強, 加藤正哉, 川副友, 太田好紀, 森本剛, 山村仁:敗血症性ショックにおいてデクスメデトミジンは乳酸クリアランスを改善するか ~DESIREサブ解析から~. 第45回日本救急医学会総会・学術集会 2017年10月.

川副友, 佐藤哲哉, 宮川乃理子, 横川裕大, 久志本成樹, 宮本恭兵, 太田好紀, 森本剛, 山村仁:敗血症性ショックに対する長時間PMX-DHPは2時間施行よりも有効か ~DESIREサブ解析から~. 第45回日本救急医学会総会・学術集会 2017年10月.

山本朋納, 宮本恭兵, 川副友, 太田好紀, 森本剛, 山村仁, 加賀慎一郎, 内田健一郎, 野田智宏, 江崎麻衣子, 晋山直樹, 溝端康光:敗血症関連せん妄のリスク因子の検討 ~DESIREサブ解析から~. 第45回日本救急医学会総会・学術集会 2017年10月.

片山洋一, 川副友, 森本剛, 宮本恭兵, 文屋尚文, 窪田生美, 豊原隆, 成松英智, 山村仁:プロポフォールとミタゾラムが敗血症患者の人工呼吸管理期間に与える影響 ~DESIREサブ解析から~. 第45回日本救急医学会総会・学術集会 2017年10月.

山村仁, 辻口貴清, 柏倉幾郎:被ばく傷病者への治療と今後の問題点. 第60回日本放射線栄養学会 2017年10月.

【2016年】
【論文発表】
Yamamura H, Morioka T, Yamamoto T, Mizobata Y. Head computed tomographic measurement as a predictor of outcome in patients with subdural hematoma with cerebral edema. Scandinavian Journal of Trauma, Resuscitation and Emergency Medicine 24: 83 (2016).

Ogasawara Y, Ito K, Ohkuma H. Atypical Presentation of Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage: Incidence and Clinical Importance. Journal of stroke and cerebrovascular diseases. 25(5): 1208-1214 (2016).

【学会発表】
Miyamoto K, Kawazoe Y, Morimoto T, Yamamoto T, Fuke A, Hashimoto A, Koami H, Beppu S, Katayama Y, Ito M, Ohta Y, Yamamura H. Dexmedetomidine for Ventilated Septic Patients in ICU: A Multicenter Randomized Controlled Trial. 29th Annual congress of the European Society of Intensive care Medicine. 2016 October (Milan).

伊藤勝博, 谷崎義生, 森脇寛, 池田尚人, 岩瀬正顕, 奥寺敬:PNLSコースのモジュールAの改良と今後の展望(特別企画). 第21回日本脳神経外科救急学会. 2016年1月.

伊藤勝博, 高橋恵, 中村丈洋, 豊田泉, 池田尚人, 岩瀬正顕, 平山晃康, 加藤庸子, 奥寺敬,大熊洋揮: PNLSコースにおける学習内容の変革. 第21回日本脳神経外科救急学会. 2016年1月.

伊藤勝博, 矢口慎也, 小山内健介, 佐藤和彦, 齋藤兄冶, 小笠原賢, 花田裕之, 山村仁:局所災害における初動の問題点-黒石市小学校爆発事故の経験から-.第21回日本集団災害医学会.2016年2月.

矢口慎也, 小田桐有紗, 齋藤淳一, 伊藤勝博, 山村仁:体外式膜型人工肺(ECMO)が奏功した急性薬物中毒に伴う急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の1例.第43回日本集中治療医学会学術集会.2016年2月.

伊藤勝博, 矢口慎也, 小山内健介, 佐藤和彦, 齋藤兄治, 小笠原賢, 花田裕之, 山村仁:現場医療のための消防機関及び近隣救命救急センターとの連携.第19回日本臨床救急医学会.2016年5月.

山村仁, 矢口慎也, 伊藤勝博, 和田尚子, 齋藤百合子, 齊藤真喜子, 三上誠, 渡辺庸介,横井克憲, 漆舘聡志:小学校ガス爆発事故への対応. 第42回日本熱傷学会総会・学術集会.2016年6月.

伊藤勝博, 大熊洋揮, 高橋恵, 中村丈洋, 山田実貴人, 豊田泉, 池田尚人, 岩瀬正顕, 奥寺敬:脳神経外科救急対応を有効に学習するために行ったPNLSコースの改良.第75回日本脳神経外科学会総会.2016年9月.

室谷隆裕, 山村仁, 米内山真之介, 赤坂治枝, 小笠原紘志, 矢越雄太, 坂本義之, 矢口慎也, 伊藤勝博, 袴田健一:初回の横隔膜破裂修復術で見逃された十二指腸損傷の1例. 第8回日本ACS学会総会. 2016年9月.

山村仁, 矢口慎也, 伊藤勝博:メディカルコントロールに対して救急医が果たす役割. 第44回日本救急医学会総会・学術集会. 2016年11月.

矢口慎也, 伊藤勝博, 山村仁:デジタルペンが使用可能なトリアージタッグの開発とその有用性に関する検討. 第44回日本救急医学会総会・学術集会. 2016年11月.

伊藤勝博, 高橋恵, 中村丈洋, 山田実貴人, 豊田泉, 池田尚人, 岩瀬正顕, 奥寺敬:脳神経外科救急を標準化するためのPNLSコース-学習効果を高めるための改良-.第44回日本救急医学会総会.2016年11月.

渡辺庸介, 和田尚子, 横井克憲, 飯田圭一郎, 星沙弥佳, 齋藤百合子, 齊藤真喜子, 三上誠, 樋熊有子, 漆舘聡志, 山村仁, 矢口慎也:ガス爆発事故による多数傷病者の治療経験. 第22回日本熱傷学会東北地方会. 2016年12月10日.

【著書】
伊藤勝博: PNLSガイドブック,メディカ出版, 2016年03月, 教科書, 分担執筆, 救急医学,

伊藤勝博: JRC蘇生ガイドライン2015, 救急医学, 医学書院, 2016年02月.

【2015年】
【論文発表】
Yamamura H, Morioka T, Hagawa N, Yamamoto T, Mizobata Y, Computed Tomographic Assessment of Airflow Obstruction in Smoke Inhalation Injury: Relationship with the Development of Pneumonia and Injury Severity. Burns. 41(7): 1428-34 (2015).

Hirose T, Ogura H, Kiguchi T, Mizushima Y, Kimbara F, Shimazaki J, Shiono S, Yamamura H, Wakai A, Takegawa R, Matsumoto H, Ohnishi M, Shimazu T. The risk of pediatric bicycle handlebar injury compared with non-handlebar injury: a retrospective multicenter study in Osaka, Japan. Scand J of Trauma, Resuscitation and Emergency Med. 23: 66 (2015).

伊藤勝博. 神経系の蘇生を要する疾患と病態(成人):脳血管障害・脳梗塞外科的治療. 日本神経救急学会雑誌. 2015; 27(2):19-20.

【学会発表】
矢口慎也, 千葉紀之, 伊藤勝博, 吉田仁, 花田裕之:交通外傷に続発したHITの1例 (HIT:ヘパリン起因性血小板減少症). 第42回日本集中治療医学会学術総会. 2015年2月.

伊藤勝博, 矢口慎也, 花田裕之, 山村仁, 浅利靖:災害医療・被ばく医療の教育体制. 第29回東北救急医学会. 2015年5月.

伊藤勝博, 矢口慎也, 山村仁, 大熊洋揮, 鈴木明文, 奥寺敬:地域におけるISLSの取り組み—青森県の現状と東北地方の試み—. 第8回日本蘇生科学シンポジウム. 2015年6月.

伊藤勝博, 千葉紀之, 矢口慎也, 吉田仁, 花田裕之, 山村仁:災害における自施設への多数傷病者受け入れ体制の構築. 第18回日本臨床救急医学会. 2015年6月.

伊藤勝博:PNLSワークショップ供覧(モジュールA). 第18回日本臨床救急医学会. 2015年6月.

伊藤勝博, 矢口慎也, 山村仁, 大熊洋揮:脳卒中救急医療の将来展望 —青森県における脳卒中救急医療—. 第29回日本神経救急学会. 2015年6月.

山村仁, 内田健一郎, 寺田貴史, 晋山直樹, 溝端康光:重症外傷対応のためのチームパフォーマンス向上への取り組み. 第29回日本外傷学会. 2015年6月.

伊藤勝博, 谷崎義生, 岩瀬正顕, 矢口慎也, 大熊洋揮:PNLSコース普及のための「AEDとBLS」ブースの改良. 第28回日本脳死・脳蘇生学会. 2015年7月.

伊藤勝博, 谷崎義生, 岩瀬正顕, 奥寺敬, 大熊洋揮:脳神経外科医が標準化された蘇生を学ぶために —PNLSコースの改良から—. 第74回日本脳神経外科学会総会. 2015年10月.

矢口慎也, 伊藤勝博, 花田裕之, 山村仁:インスリンを使用した自殺企図による低血糖性脳症の1例.第43回日本救急医学会総会学術集会.2015年10月.

伊藤勝博, 矢口慎也, 花田裕之, 山村仁:医療関係者のSTART法トリアージの現状. 第43回日本救急医学会総会. 2015年10月.

山村仁, 矢口慎也, 伊藤勝博:学生・研修医に対する救急教育の新しい取り組み. 第43回日本救急医学会総会学術集会. 2015年10月.

役職高度救命救急センター 講師
専門救急医学、外傷外科、病院前診療、災害医学
資格

医学博士
日本救急医学会 救急科専門医
日本外科学会 外科専門医
日本Acute Care Surgery 学会 ACS認定外科医
日本航空医療学会 認定指導者
日本医師会認定健康スポーツ医
日本DMAT隊員 (統括)

氏名野村理
役職救急・災害医学講座 研究准教授(助教)
専門小児救急医学、医学教育学
資格

医学博士、医療者教育学修士
日本救急医学会 救急科専門医
日本小児科学会 小児科専門医・指導医
小児周産期リエゾン
TI-FRISフェロー